【18-19】シティ・リヴァプール以外から選ぶ個人的ベストイレブン!

今回は18-19シーズンの個人的ベストイレブンをまとめました。 シティとリヴァプールを入れてしまうともうほとんどのメンバーが2クラブから出そうなので、今回は上位2クラブは抜きで考えてみました。 こちらも合わせてご覧ください! http://football-scope.com/information/18-19-scoring/ http://football-

続きを読む

【最新版】プレミア 週給ランキング

画像;Getty Images プレミアリーグといえば、オイルマネーや財閥マネーで2000年代初頭から潤沢な資金が注ぎ込まれてきたクラブです。 その影響は今もあり、高給取りが多いクラブです。 今回はプレミアリーグの週給ランキングを!(月給じゃないよ!) 1位 サンチェス(マンチェスターU) 39万1000ポンド(約5930万円) 画像;Getty Images

続きを読む

シティ 圧巻の6得点!! 海外メディアの反応は!?

画像 Getty Images 26節1番のビッグゲームでした。 シティは圧巻の6得点で首位キープとなりました。 画像 Getty Images 今回は所感をつらつらと書きなぐってみます。 スタッツ まずはスタッツを。 スタッツでは、マンCのパス成功率が突出して高いように思います。 得点者 スターリング 4分 アグエロ 1

続きを読む

【データまとめ】チェルシーが無敵シティをとめた!【18-19 16節】

画像 Getty Images 16節 チェルシー対マンチェスター・シティ ではここまでリーグ戦黒星なしのシティがまさかの敗北。 ハイライトをどうぞ。 ハイライトはこちら これにより、首位に浮上したのは同じく無敗のリヴァプールに。 今回の記事では、チームや試合のデータをまとめました。 スタメン チェルシー アザールは久々のセンターでしょうか。 サイ

続きを読む

【バロンドール2018】選手紹介【まとめ】

画像 The sun バロンドール2018が発表されました! 栄えある1位に選ばれたのは、クリスティアーノ・ロナウドでも、リオネル・メッシでもなく、レアルマドリード所属のルカ・モドリッチでした。賛否両論あるかと思いますが、Football Scope管理人的にはとても素晴らしい選出だと思います。 ロナウド、メッシ以外の受賞は2007年のカカ以来なんと11年ぶりのこ

続きを読む

【レビュー】トッテナム対チェルシー【18-19 13節】

とてもスペクタクルな試合で、チェルシーにとっては痛い所を突かれた試合だったのではないでしょうか。 リーグ戦12試合を終えて、3チーム(マンC、リヴァプール、チェルシー)が黒星なしというのはプレミアリーグ始まって以来初とのことです。この試合でも黒星なしを継続したいチェルシーは、どのような試合運びをするのか。 こちらのプレビュー記事もお読みいただければより深く楽しめます!

続きを読む

【マッチプレビュー】トッテナム対チェルシー【18-19 13節】

画像 Getty images 13節で1番注目なのは、トッテナム対チェルシーのゲームではないでしょうか。12節と13節の間に国際親善試合を挟みましたので、移動などで選手の疲労がどの程度のものなのか心配です。 両チームともベストなコンディションで臨みたいところですね。 両チーム 現在の順位 ご覧の通り、チェルシーとトッテナムの勝ち点差は1ポイントで3位4位という位置

続きを読む

【レビュー】チェルシー対エヴァートン【12節】

画像 Getty images 第12節チェルシー対エヴァートンの1戦を。 マッチプレビューも書いているので読んでいただけたらより面白いかと思います。 【マッチプレビュー】チェルシー対エヴァートン【12節】 どちらのチームも90分間集中力を切らさずにプレーできていました。エヴァートンからすると、この引き分けは御の字でしょうか。 スタメンは 厳しい日程で負

続きを読む

【プレビュー】チェルシー対エヴァートン【12節】

アイキャッチ画像 Getty images 今日は12節のチェルシー対エヴァートンのマッチプレビューを。 チェルシーはサッリ監督新体制のもと絶好調で、リヴァプールと勝ち点差が並び、2位に浮上しました。 リーグ戦ここまで負けがなく、攻撃陣はインパクトあり目立ちます。 対するエヴァートンは現在9位ですが、勝ち点3ポイント圏内に6位ボーンマスを捉えています

続きを読む

【9節】チェルシー 対 マンU

大激戦と呼べた内容だったのではないでしょうか。 結果としては、ただのドローですが、そこから見えてきたものは多くありました。 試合全体を通すとチェルシーのペースか 成功したパスの本数ではチェルシー543本に対して、ユナイテッドは282本。 「サッリ・ボール」はまだまだ健在のようです。 では今節のチェルシーのどこがどう良かったのか、どこが悪かったのか見ていくことにします。

続きを読む