【プレビュー】リヴァプール対エヴァートン【18-19 14節】


海外サッカーランキング

ワンクリックで応援お願いします!

とても励みになります!

 

!今人気の記事はこちら!

【どこよりも早い】19-20前半通信簿【全クラブ】

画像 Getty images

 

マージーサイド・ダービーのプレビューです。

マージーサイド・ダービーの魅力はこちらの記事をお読みください。

【まとめ】プレミアリーグのダービーマッチを知ろう!

両クラブの近況は…?

現在の順位表はこちら

リヴァプールの近況

13節を終えてリヴァプールはリーグ戦負け無しと好調を維持しています。

前線3人の運動量を活かして、中盤の高めでボールを奪取する意識が昨シーズン終盤から固まってきました。

唯一気になる点は前線3人のSFMトリオ(サラーフィルミーノマネ)の得点率でしょうか。気になったので13節までの3人の得点数を調べてみました。

上は今シーズン、下は昨シーズンです。

全体のゴール数はほぼ同数値ですが、サラーの得点数が減少しています。一方マネは昨年同時期に比べて倍の得点数ですね。

昨年は良くも悪くもサラー任せだったことを考えると両サイドから攻撃の形を作れているという点はポジティブな要素ではないでしょうか。

エヴァートンの近況

エヴァートンは現時点で6位と例年通りの立ち位置。

今シーズンのエヴァートンは下位クラブにはしっかり勝ち点3を取りながらも、上位相手には勝ち点を取れていません。勝つべくして勝ち、負けるべくして負けている印象です。

 

プレシーズンマッチでいいスタートを切ったエヴァートンですが、エヴァートニアンからすると「例年通りのエヴァートンか…」という感想は拭えないでしょう。

予想スタメン

リヴァプール 予想スタメン

まず、トップの人事について、サラーを置くのかフィルミーノを置くのか。昨シーズンはフィルミーノをトップ、サラーを右翼という形が多かったように思います。対して今シーズンはここまでサラーをトップ、フィルミーノはOMFが多いですね。OMFはシャキリというオプションもあります。

ということで予想スタメンは4-3-3でサラーをサイドに置きました。

エヴァートン 予想スタメン

エヴァートンのマルコ・シウバ監督は基本的にメンバーを大幅に変えてくるチームではないのですが、12月の過密日程に向けて主力をローテーションしてくると思われます。

特にエヴァートンは前線のオプションが少ないので、途中交代では前線を率先して変えてくるでしょう。

予想スタメンは前節とほぼ同じ結論に至りました。

4-2-3-1です。ダービーマッチなのでCBはバンディエラのジャギエルカにしようと思ったのですが、監督に嫌われてそうなので自粛しました。

見どころ

リヴァプール前線三銃士の守備的側面

まずはリヴァプールの前線3人の守備的な側面ではないでしょうか。クロップ監督のプレス手法がいよいよリヴァプールで確立され、今シーズンは前線3人のボール奪取が目立ちます。

豊富な運動量を誇る3人サラーフィルミーノマネだからこそクロップの理想とするプレスを実行できるのでしょう。期待して見たいですね。

今後の命運を分けるゲームに

両チームとも、このマージーサイド・ダービーを終えると12月中旬まで中堅チームが相手です。

マージーサイド後の両チームの日程はこちらです。

12月中旬のビッグゲームに向けて、マージーサイド・ダービーでははずみをつけたいところです。

最後に

ご意見ご感想お待ちしております。

お問い合わせはこちら

また、Twitterアカウントのフォローと、いいねまたはリツイートくださるととってもやる気がでます。

Twitterアカウントはこちら

よろしくお願いします!


海外サッカーランキング

ワンクリックで応援お願いします!

とても励みになります!

コメントを残す