岡崎の恩師ラニエリ監督がプレミア復帰


海外サッカーランキング

ワンクリックで応援お願いします!

とても励みになります!

 

!今人気の記事はこちら!

【どこよりも早い】19-20前半通信簿【全クラブ】

画像 Getty images

2015-2016シーズンにレスター・シティを率いて奇跡のリーグ優勝を果たしたクラウディオ・ラニエリがフラムの監督としてプレミアリーグに帰ってきました。

画像 Getty images

ラニエリはレスター・シティをリーグ優勝へと導いた翌シーズンに成績不振を理由に解任されました。

その後、リーグ・アンのナントで指揮を取っていましたが、2018年11月14日正式にプレミア・リーグのフラムの監督就任が発表されました。

ラニエリの経歴をチェック〜選手編〜

クラウディオ・ラニエリは選手としてはイタリアを舞台にDFとして活躍しました。

ローマでデビュー、その後はカターニャやパレルモでプレーしました。

ローマ時代には出場機会に恵まれませんでしたが、カターニャやパレルモでは重宝されました。

彼は35歳で現役を引退し、直後に監督業をスタートさせます。

ラニエリの経歴をチェック〜監督編〜

ラニエリは引退直後に監督業を始めますが、鍛え抜かれた守備能力を武器に腕をふるいます。

カリアリ、ナポリ、フィオレンティーナ…イタリア時代①

彼は始めにイタリアの下部組織の監督として活躍しますが、監督業を始めて3シーズン目に当時セリエCだったカリアリの監督オファーを受けます。ラニエリは全シーズンセリエCで11位だったカリアリを1位に、よくシーズンにはセリエBで3位に導き、見事セリエA昇格を果たします。

この手腕が認められ、ナポリ、フィオレンティーナの監督に就任します。

フィオレンティーナではコパ・イタリア優勝を経験します。

バレンシア、アトレティコ・マドリード…スペイン時代

イタリアを離れ、新天地スペインでのチャレンジを選択したラニエリはバレンシアをいきなり競合チームへと変貌させます。

守備に重きを置くイタリアのサッカーと違い、スペインは縦に早いサッカー。この変化に順応できた結果と言えるでしょう。

その後はアトレティコ・マドリードで指揮を取ります。

この頃から、CFにスピードのある選手を用いて縦に早くボールを動かす、カウンター志向が強くなってきます。

チェルシー…イングランド時代①

2000年にチェルシーの監督に抜擢されます。

画像 Getty images

未来のレジェンドであるランパードやジョン・テリー、ギャラスなどがラニエリの元で育つことになります。また、ラニエリ在任中の2003年にはロシア人の実業家アブラモビッチがチェルシーのオーナーになり、大型補強がなされますが、リーグ戦は2位という結果に。

大型補強の甲斐なく優勝を逃したとしてラニエリはチェルシーを追われることに。

ユヴェントス、ローマ、インテル…イタリア時代②

チェルシーの監督を解任されたラニエリはバレンシア監督を挟んで2007年からユヴェントス、2009年からローマ、2011年からインテルと、セリエAの強豪チームを渡り歩きます。

画像 Getty images

しかし、どのクラブでも「あともう少し」というところでタイトルは獲得できませんでした。この頃にはラニエリには「無冠の帝王」という烙印が押されていました。

モナコ…フランス時代①

画像 Getty images

2012年には当時フランス2部リーグだったモナコの監督に就任。就任シーズンに1部に昇格。翌年には1部で2位フィニッシュしましたが、2年目のシーズンが終わった直後に解任となりました。

その後、ギリシャ代表の監督に就任しますが、半年足らずで成績不振により解任。

翌シーズンの2015-2016シーズンに「ミラクル・レスター」が起こります。

レスター…イングランド時代②

プレミアリーグファンはご存知の通り、ラニエリは就任1年目に降格圏争いを演じるかと思われたレスター・シティを優勝に導きます。

今ではプレミアリーグで当然のように活躍しているヴァーディー、カンテ、マフレズなどが中心となり、2位のアーセナルに勝ち点10差をつけて優勝しました。

画像 Getty images

2015-2016シーズンのレスターは全世界のフットボールファンを魅了したチームでした。

ラニエリは長い監督業の中で初のトップリーグ優勝となりました。

翌シーズンもレスターを率いたラニエリでしたが成績は振るわず、シーズン途中での解任となりました。

ナント…フランス時代②

レスター解任後、ナントの監督に。

画像 Getty images

ナントのリーグアン成績は10位。一部ではナントの会長キタ氏との確執が囁かれています。

そしてプレミア復帰が実現します。

フラムの現在の成績は…?

フラムは現在最下位…

12節を終えた次点でのフラムの成績は1勝2分9敗で勝ち点5。

とは言え、19位のハダースフィールドとの勝ち点差は2ポイント、18位のカーディフ・シティとの差は3ポイントと、降格圏外の17位を充分上を狙える位置にいます。

ラニエリに求められるものは?

ラニエリは各国のサッカーをよく理解していると言えるでしょう。

特に重視しているのは「イタリア的守備」「スペイン的ボール回し」「イングランド的速さ」でしょう。

レスターで奇跡を起こしたラニエリだけに、期待されることも大きいはずです。

ラニエリは11月16日にファンに対して「最善を尽くすことを約束する。しかしレスターの時のような奇跡は期待してはいけない。」とコメントしました。

フラムの今後の予定は

ラニエリのフラムでの初陣は次節の11月25日にサウサンプトンとのホーム戦になる見込みです。

気になる、古巣レスターとの対戦は12月6日に組まれていますがホーム戦です。レスターのホーム戦が楽しみですね。

 

今後のフラムの戦いには注目したいところですね。

 

最後に

ご意見ご感想お待ちしております。

お問い合わせはこちら

また、Twitterアカウントのフォローと、いいねまたはリツイートくださるととってもやる気がでます。

Twitterアカウントはこちら

よろしくお願いします!


海外サッカーランキング

ワンクリックで応援お願いします!

とても励みになります!

コメントを残す