【マンC移籍】板倉滉完全移籍! ですが…


海外サッカーランキング

ワンクリックで応援お願いします!

とても励みになります!

 

!今人気の記事はこちら!

【どこよりも早い】19-20前半通信簿【全クラブ】

画像 Getty Images

 

ベガルタ仙台に期限付き移籍で在籍していた板倉滉のマンチェスター・シティ完全移籍が発表されました。

画像 Getty Images

板倉滉の基本情報

U18から年代別日本代表の常連として活躍してきた板倉は、川崎フロンターレの下部組織で経験を積んできました。

 

名前:板倉滉(いたくら こう)

生年月日:1997年1月27日

年齢:21歳 (記事公開時)

出身:神奈川県横浜市

身長:186cm

体重:75kg

利き足:右

ポジション:MF、DF

 

2018年からは川崎を離れ、ベガルタ仙台にてプレーしていました。

 

シティ?いいえ、フローニンゲンへ飛びます

マンチェスター・シティへ移籍した上で、2020年夏までフローニンゲンへレンタルとなります。

堂安律と同じチームですが、堂安にはシティをはじめユヴェントスら強豪も熱視線ということなのでどうなるかまだまだ分かりませんね。

画像 Getty Images

なぜフローニンゲンにレンタルで出されるの?

それはイングランドにおける「労働許可」の問題と「外国人枠(ホーム・グロウン・ルール)」が関係しています。

ちなみにイングランドでサッカーをする場合の労働許可基準はこんな感じです。

 

1 FIFAランキングが50位以内の国の選手であること
2 FIFAランキング30位以内の国の選手は過去2年間の自国フル代表としての公式戦出場率が30%以上であること
3 FIFAランキングや代表出場歴に関係なく、移籍金1000~1500万ポンド(約19億5000万~29億円)以上の市場価値のある選手であること

 

この3つをクリアしなければいけませんが、問題は3つ目です。

現在の板倉の史上価格は8700万円程度と言われていますので労働許可は下りません。なので、他国のリーグにレンタル移籍させて市場価格が上がるのを待つということことが起こります。

 

また、シティ側からすると、自チームにいるより格下のチームにいた方が選手本位で考えた時、出場機会にも恵まれるという側面もあります。

フローニンゲンではどのように起用されるのか

 

フローニンゲンのテクニカル・マネージャーであるロン・ヤンス氏によると

「仙台ではCBとして起用される試合が多かった。ただ、キャリア全体を通してみるとボランチとしてのプレーが多いし、我々は彼をMFとして考えている。彼はプレー時間を得ることができるだろう。十分に良い選手か見極めるには時間は必要だけどね」

とボランチでの起用を示唆。

空中戦に強い高身長の選手がひしめき合うリーグですが、186cmの板倉にもチャンスはあります。

 

これからの彼の活躍に期待したいですね!

最後に

ご意見ご感想お待ちしております。

お問い合わせはこちら

また、Twitterアカウントのフォローと、いいねまたはリツイートくださるととってもやる気がでます。

Twitterアカウントはこちら

よろしくお願いします!


海外サッカーランキング

ワンクリックで応援お願いします!

とても励みになります!

コメントを残す