【プレミア】全チームの現状まとめ


海外サッカーランキング

ワンクリックで応援お願いします!

とても励みになります!

 

!今人気の記事はこちら!

【どこよりも早い】19-20前半通信簿【全クラブ】

CLやELでリーグ戦がお休みなのでつらつらと全チームの現状を…

ちなみに筆者は現在の順位なんて関係ないと思っています。ドラマがあるのがプレミアリーグですからね。

現在の順位

現在の得点ランキング

各チームに対する所感

順位順につらつらとご紹介します。

2月15日時点での所感です。

マンチェスター・シティ

 

アグエロの好調も手伝って1位に浮上。しかしリヴァプールよりも1試合多く実施しているのでまったく油断できません。

チームとしての連動性も高く、奪いどころがはっきりしていることも良い雰囲気が出ている要因の1つでしょう。

次のリーグ戦は2月28日のウェストハム戦です。

リヴァプール

画像 Getty Images

今季プレミアリーグの主役は何と言ってもリヴァプールですね。これと言ってウィークポイントはなく、良い所ばかり目立ちます。

特に目立つのは、カウンターの強度とチャンスクリエイトの回数でしょうか。もちろんフィニッシュの精度も抜群です。

けが人こそ目立ちますが、過密日程を何とか乗り切り、ここからさらに安定感が増しそうです。

トッテナム

画像 Getty Images

主砲のケインを怪我で欠くスパーズですが、エリクセンソン・フンミンの大車輪の活躍によりリーグ戦3連勝でがっちり3位をキープ。

何かが突出してすごいということはないように思いますし、相手にチャンスを作らせやすいゲームプランだとさえ思います。

しかし何と言っても安定感と、ポジティブトランジションの速さ。縦に早いゲームが多いですね。

とにかく新スタジアムをはやく使え。

トッテナム新スタジアムはいつお披露目??

マンチェスター・ユナイテッド

画像 Getty Images

スールシャール政権になってから公式戦11試合負け無し(11試合中10試合勝利)でしたが、先日CLのPSG戦で手痛い敗戦を喫しました。

モウリーニョ政権では出番の少なかったポグバの活躍はめざましく、リーグ戦直近5試合で4ゴール2アシストと大活躍です。

課題とされていた守備面も安定感が増し、規則正しくこなせている印象を受けます。

FAカップのチェルシー戦、リーグ27節のリヴァプール戦と続くので波乱がありそうです。

アーセナル

画像 Getty Images

ゲンドゥージの躍動感…

【ピックアッププレーヤー】マッテオ・ゲンドゥージ【アーセナル】

メンタル的に弱い選手が多いのか、フラストレーションの溜まるゲームで結果がついてきませんね。

チェルシーの不調という漁夫の利で5位に浮上しましたが、選手各々のプレー選択に幅がなく、1対1の勝負もやや弱いように思います。

2月14日に行われたELのBATE戦ではそこそこ主力を使いましたが1-0と惜敗。ラカゼットにはレッドカードが。

次節はサウサンプトンとのホームゲーム。ここを落とすようなことがあれば…

チェルシー

画像 Getty Images

サッリの魔法が解けたチェルシーは現在6位。シティに6-0で負けた夜、サッリはドレッシングルームで激怒したとか。

先日のELマルメ戦では辛くも勝利しましたが、危ないシーンもありやや消化不良か。

2月18日にはFAカップのユナイテッド戦を控えています。前にボールが繋がらないシーンが多いと今後のリーグ戦でも…

ウォルバーハンプトン

画像 Getty Images

今季多くのサプライズを起こしているウルブスは何と言ってもカウンターでしょう。サイドを切り裂いて早めに中に入れる形で多くのゴールを記録しています。また、190cmのヒメネスは空中戦にもめっぽう強く、中で存在感を発揮しています。彼の使い方が今後の命運を握ると言えるでしょう。

守備面では、ロングボールを入れられた時にマークがずれることが目に付きます。また、セットプレーでの失点も多いように見受けられ(データは取ってないので完全に主観です)るので、マークの受け渡しなどが不安か。

ワトフォード

画像 Getty Images

選手個々の能力でこじ開ける場面が多い印象のワトフォード。

上位相手にはすんなり負けますが、中堅や下位相手にはしっかり勝ち点を積み重ねています。

ボールをキープして我慢することができないように感じるので、中盤でじっくり持ってマークがズレた所を狙ってボール出していきたいですね。

エヴァートン

現在9位のエヴァートンはなんせ勝ちきれない試合が多いです。

得点の気配はしますし、実際1試合あたりの得点も1.2と中堅クラブにしては悪くありません。シーズン通しての支配率も51%と標準的な水準です。

ただし、スルーパスに対しての警戒の甘さや空いたスペースを埋める動きの少なさから失点が多いように思います。また、選手個人のささやかなミスも目立つように思います。

GKのピックフォードにも、もう少し止めてほしかったり…

ウェストハム

画像 Getty Images

ウェストハムはどこからでも攻めることが出来るバランスの良いチームになっていると感じます。

チームのトップスコアラーが中盤を主戦場とするフェリペ・アンデルソンというのもそれを裏付けるデータだと。チチャリートはもう少し出番が増えればまた違うオプションになり得るのかなと思ったりもします。

ナスリについては…ノーコメントで。

ボーンマス

画像 Getty Images

カウンターに重きを置くボーンマスは11位。シーズン序盤の好調を考えると不満の残る現段階の順位です。

カラム・ウィルソンは得点ランキング上位から遠ざかり10得点と足踏み。

カウンターに重きを置くボーンマスは、同時にカウンターに弱いと言えます。自陣で数的不利に陥る局面が多く、スルーパスも通されがちです。

現在中位に位置するクラブにしては失点数が多く、今後の最優先課題の1つです。

レスター・シティ

画像 Getty Images

チーム1の点取り屋であるヴァーディーもここまで8得点と鳴りを潜めているレスターですが、やはりカウンターは一級品。

また、ディフェンスも強固で相手にスペースを与えることを最大のタブーとしています。

ただ、勝てない。

1月1日のエヴァートン戦以来1ヶ月以上(6試合)公式戦で勝ちがありません。マフレズは偉大だったんだなと思う筆者でした。

クリスタル・パレス

画像 Sky Sports

前でボールを奪うことはできていますが、ややこねくり回しすぎでしょうか。フィニッシュまで持っていく前にがっちり壁を作られてしまいます。

また、カウンターに対して為す術がない場面もあります。攻撃に比重をかけすぎている節もありますし、ネガティブトランジションの動きが2歩遅い場面もあります。

選手個々の能力は高く、可能性に満ちあふれているので、全体のバランスを調整したいですよね。

ブライトン

画像 Getty Images

14位のブライトンは昨年12月30日に行われたエヴァートン戦以来リーグ戦では勝ちがありません。

ベテランのグレン・マレーは孤軍奮闘といった感じです。CBのシェーン・ダフィールイス・ダンクのコンビにはまだ不安があるか。

バーンリー

画像 Getty Images

15位バーンリーはいかんせん失点が多く、今季のリーグ戦でクリーンシート勝利はたった3試合のみ。

(9月22日ボーンマス戦と12月8日ブライトン戦と12月30日ウェストハム戦)

7勝中4試合が点の取り合いというのはいささか不安要素です。1月末にはアウェーながらユナイテッド相手に善戦しましたがドロー。こういった試合で守備面の脆さが…

ニューカッスル

画像 Getty Images

1月末にはシティ相手に歓喜の雄叫びをあげたマグパイズも2月には羽をもがれて低飛行。

ロンドンはパンチ力こそありますが、クリスタル・パレスのザハ同様「打ちたがり」なのか選択を誤りがち。

前にボールは運べているので、前線で選択の幅を広めるための方策を。

カーディフ

画像 sky sports

復調の兆しが見えているカーディフは、負けた試合でも可能性を感じることができる内容を見せてくれます。

自陣の空いたスペースへのフォローも早く的確ですし、チャンスクリエイトも上手く行っているように思います。

ただし、中盤で不用意なボールロストが多いのと、フィニッシャーがいないことが不安要素か。

サウサンプトン

画像 Getty Images

最終ラインの統率が上手く行っていないサウサンプトンは現在18位。

ほんと調子の浮き沈みが激しいクラブですね。

攻撃への切り替えも速く、チャンスもまま作れていますし空中戦もそこそこ。守備面の再構築を。

フラム

画像

ラニエリ新政権になってからも勝ち点を上手く積み上げることができず19位という現状。

アグレッシブな場面も見られず、フィニッシャーも役不足感が否めません。さらに失点数は58点とリーグ最多。

次回のリーグ戦は2月23日のウェストハム戦です。

ハダースフィールド

画像 Getty Images

昨年11月25日のウルブス戦から公式戦で勝ちがないハダースフィールド。試合数にして14試合勝ちがありません。しかもそのうち13試合で負けています。

シュートを打つ姿勢は見られますが、生産性に欠けるものばかりで得点の気配なし。守備面では選手個々の能力で負ける部分が多く、スペースを自由に使わせすぎです。

最後に

ご意見ご感想お待ちしております。

お問い合わせはこちら

また、Twitterアカウントのフォローと、いいねまたはリツイートくださるととってもやる気がでます。

Twitterアカウントはこちら

よろしくお願いします!


海外サッカーランキング

ワンクリックで応援お願いします!

とても励みになります!

コメントを残す